40代 基礎化粧品 使い方 効果的 乳液

乳液はマッサージしながら使用!

 

化粧品のラインの中で、乳液が果たす役割は、化粧水とクリームを馴染ませるという部分が大きいですね。
化粧水は水であり、クリームは油。
これらを馴染ませる中間的な役割を果たしてくれるのが乳液です。
メーカーにより乳液のステップがあったりなかったりしますが、使用する場合には、これをマッサージに使用してみましょう。

 

内から外へ、下から上へ!

乳液は、まず額・両頬・鼻・アゴの5点に置きます。
最初に両頬に付け、額・鼻・アゴという油分多めの部位には、ちょっと少なめに乗せると良いですね。

 

こうして5点に置いてから馴染ませることで、ムラなく伸ばすことができます。

 

それから、乳液を伸ばす際にも、内から外へ、下から上へという動きを重視して行いましょう。
逆に手を動かすと、たるみやシワの原因になります。

 

乳液を使ったマッサージ

乳液を塗布すると、肌の滑りが良くなりますよね。
そんな状態を利用して、マッサージをしてみましょう。

 

額から、らせんを描いてマッサージ。
鼻筋を通り、両頬もらせんを描いてマッサージ。
さらに、ほうれい線の部分は下から上へを意識して優しく撫でます。
目元は、指で優しくトントンと叩いて振動を与えてあげると良いですね。

 

マッサージを取り入れることで、その間にどんどん乳液も肌に馴染んでいきます。
ただし、マッサージを行う際には、指の腹や手のひらを使用して優しく行うことを大切にしてください。
力を入れ過ぎたり、指先で刺激してしまうのはご法度です。

 

マッサージ効果が持続するのは、およそ24時間だと言われています。
毎日のマッサージを行うことで、時々通うエステよりも、お金をかけずに美肌を維持しやすくなりますね。

関連ページ

クレンジングは優しく!
アンチエイジング化粧品を使う、というと、どうしても化粧水や美容液などの「与えるケア」に着目してしまいがちです。ですが、こういったケアは確かに大切だけど、その前に1つ忘れてはならないことがあります!それが、「落とすケア」。特にクレンジングをいかに丁寧に行うかで、その後の化粧品の活かされ方が違ってくるのです。
洗顔でスッキリと!
落とすケアはクレンジングと洗顔を組み合わせるのが基本ですよね。クレンジングだけでは落としきれなかったメイクや皮脂汚れなどを、洗顔でスッキリ落としましょう。この洗顔も、アンチエイジングコスメの効果を高めるために重要な役割を果たします。
化粧水はコットンで!
化粧水を使用する際、手の平に出してパシャパシャっと顔にかけるだけ、という方もいますよね。効果の高い美容成分が配合されている化粧品だから、これだけで十分だと感じてしまうのかもしれません。ですが、より効果を高めたいのであれば、化粧水の使用にはコットンを活用しましょう!
美容液の量には要注意!
美容液はアンチエイジングのために、ぜひ積極的に使用していきたいものですね。乾燥対策やシミ・シワ悩みの解消、ハリや弾力のアップなど、様々な効果が期待できる美容液があります。ですが、この美容液を取り入れる際には、使用量はしっかり守らなければなりません。
クリームでしっかりフタを!
40代くらいになってくると、乾燥がひどくなる人もいれば、皮脂が過剰分泌してしまう人もいます。皮脂が過剰分泌してしまいがちな人の場合、どうしても油分を与えるクリームのようなアイテムは、使いたくなくなってしまったりしますよね。ですが、これは決して省いてはいけないケアなのです。