40代 基礎化粧品 使い方 効果的 クリーム

クリームでしっかりフタを!

 

40代くらいになってくると、乾燥がひどくなる人もいれば、皮脂が過剰分泌してしまう人もいます。
皮脂が過剰分泌してしまいがちな人の場合、どうしても油分を与えるクリームのようなアイテムは、使いたくなくなってしまったりしますよね。
ですが、これは決して省いてはいけないケアなのです。

 

クリームを使わないとますます皮脂が出る!

「クリームを使うとベタつくのではないか?」と考える方もいます。
これは、肌への浸透力が良くないクリームを使用しているからですね。

 

浸透力の高いクリームをきちんと馴染ませれば、その後、すぐにメイクができるくらい快適な仕上がりになります。
そして、きちんとクリームを馴染ませれば肌の表面にフタをして、化粧水や美容成分の蒸発を防いでくれるのです。

 

これを使用しないと、肌から水分がどんどん奪われていきます。
そして、それを防ぐためにと、ますます大量の皮脂が分泌されてしまうことになるのです。
つまりクリームでフタをするというケアは、乾燥肌だけでなく脂性肌の方にも必要なことなのです。

 

クリームの仕上げはハンドアイロンで!

クリームを肌に使用したら、しっかりと肌に馴染ませることが大切です。
手の平で優しくマッサージをしながら馴染ませても良いですね。

 

それから、クリームを塗布した後の最後の仕上げは、ハンドアイロンです。
手の平で肌を包み込むようにすることで、よりしっかりとクリームを馴染ませていきます。

 

このハンドアイロンは、手の温もりが1つのポイントになります。
行う前に、手をこすり合わせて温めてあげると、より効果的に肌にクリームの成分を浸透させることができますね。

関連ページ

クレンジングは優しく!
アンチエイジング化粧品を使う、というと、どうしても化粧水や美容液などの「与えるケア」に着目してしまいがちです。ですが、こういったケアは確かに大切だけど、その前に1つ忘れてはならないことがあります!それが、「落とすケア」。特にクレンジングをいかに丁寧に行うかで、その後の化粧品の活かされ方が違ってくるのです。
洗顔でスッキリと!
落とすケアはクレンジングと洗顔を組み合わせるのが基本ですよね。クレンジングだけでは落としきれなかったメイクや皮脂汚れなどを、洗顔でスッキリ落としましょう。この洗顔も、アンチエイジングコスメの効果を高めるために重要な役割を果たします。
化粧水はコットンで!
化粧水を使用する際、手の平に出してパシャパシャっと顔にかけるだけ、という方もいますよね。効果の高い美容成分が配合されている化粧品だから、これだけで十分だと感じてしまうのかもしれません。ですが、より効果を高めたいのであれば、化粧水の使用にはコットンを活用しましょう!
美容液の量には要注意!
美容液はアンチエイジングのために、ぜひ積極的に使用していきたいものですね。乾燥対策やシミ・シワ悩みの解消、ハリや弾力のアップなど、様々な効果が期待できる美容液があります。ですが、この美容液を取り入れる際には、使用量はしっかり守らなければなりません。
乳液はマッサージしながら使用!
化粧品のラインの中で、乳液が果たす役割は、化粧水とクリームを馴染ませるという部分が大きいですね。化粧水は水であり、クリームは油。これらを馴染ませる中間的な役割を果たしてくれるのが乳液です。