40代 基礎化粧品 使い方 クレンジング

クレンジングは優しく!

 

アンチエイジング化粧品を使う、というと、どうしても化粧水や美容液などの「与えるケア」に着目してしまいがちです。
ですが、こういったケアは確かに大切だけど、その前に1つ忘れてはならないことがあります!
それが、「落とすケア」。
特にクレンジングをいかに丁寧に行うかで、その後の化粧品の活かされ方が違ってくるのです。

 

ポイントメイクはリムーバーを使って!

ポイントメイクをゴシゴシとクレンジング剤でこすると、目元や口元に摩擦による大きな負担がかかってしまいます。
メイクを落とす時間は、メイクをするのと同じくらいの時間をかけることが必要だと言われています。
つまり、それだけ丁寧に落とさなければならないということです。

 

そのため、まずクレンジング剤を顔全体に伸ばす前に、ポイントメイクアップリムーバーで丁寧に落としておきましょう。
コットンにたっぷりのリムーバーを出し、これをポイントメイクの部分に置いてしばらく馴染ませてから、力を入れずにスッと拭き取る感覚です。
ゴシゴシしてはいけません。

 

際のアイラインなどは、コットンを四角く折った角で拭うとキレイに取れます。
綿棒を使っても落としやすいですね。

 

クレンジングはとにかく優しく!

クレンジングをする際に何より大切にしたいのは、優しく行うことです。
ゴシゴシこすっても、毛穴に入りこんだ汚れは落とせません。

 

肌が動かないくらいの優しい力加減で、マッサージをする感覚でくるくると丁寧に馴染ませていきましょう。
しっかりメイクとクレンジングが馴染んでから、ぬるま湯で優しく洗浄すると、汚れがスッキリと落とせます。

 

慌ててクレンジングすると、きちんと汚れと馴染まないうえに、ついつい手に力が入ってしまいます。
すると肌を強く摩擦し、傷つけてしまったり、たるみの原因となるので要注意です!

関連ページ

洗顔でスッキリと!
落とすケアはクレンジングと洗顔を組み合わせるのが基本ですよね。クレンジングだけでは落としきれなかったメイクや皮脂汚れなどを、洗顔でスッキリ落としましょう。この洗顔も、アンチエイジングコスメの効果を高めるために重要な役割を果たします。
化粧水はコットンで!
化粧水を使用する際、手の平に出してパシャパシャっと顔にかけるだけ、という方もいますよね。効果の高い美容成分が配合されている化粧品だから、これだけで十分だと感じてしまうのかもしれません。ですが、より効果を高めたいのであれば、化粧水の使用にはコットンを活用しましょう!
美容液の量には要注意!
美容液はアンチエイジングのために、ぜひ積極的に使用していきたいものですね。乾燥対策やシミ・シワ悩みの解消、ハリや弾力のアップなど、様々な効果が期待できる美容液があります。ですが、この美容液を取り入れる際には、使用量はしっかり守らなければなりません。
乳液はマッサージしながら使用!
化粧品のラインの中で、乳液が果たす役割は、化粧水とクリームを馴染ませるという部分が大きいですね。化粧水は水であり、クリームは油。これらを馴染ませる中間的な役割を果たしてくれるのが乳液です。
クリームでしっかりフタを!
40代くらいになってくると、乾燥がひどくなる人もいれば、皮脂が過剰分泌してしまう人もいます。皮脂が過剰分泌してしまいがちな人の場合、どうしても油分を与えるクリームのようなアイテムは、使いたくなくなってしまったりしますよね。ですが、これは決して省いてはいけないケアなのです。