40代 基礎化粧品 ランキング 使い方 効果的 美容液

美容液の量には要注意!

 

美容液はアンチエイジングのために、ぜひ積極的に使用していきたいものですね。
乾燥対策やシミ・シワ悩みの解消、ハリや弾力のアップなど、様々な効果が期待できる美容液があります。
ですが、この美容液を取り入れる際には、使用量はしっかり守らなければなりません。

 

使い過ぎても効果は変わらない!

早く美容効果が実感したいからと、大量に美容液を使ってしまう人がいます。
ですが、美容液は使えば使うほど良い、というものではありません。
必要以上に使用しても、ベタベタして不快になってしまうだけです。

 

美容液は各化粧品に書かれている用量を守り、必要なだけ肌に馴染ませるようにしましょう。
大切なのは、美容液を大量に付けることではなく、丁寧に肌の内部まで馴染ませてあげることです。
マッサージやハンドアイロンをしながら、肌内部までしっかり浸透させて、ベタベタしない仕上がりにしましょう。

 

少なすぎてもダメ!

美容液は高額なものが多いので、「もったいないから少しずつ使おう」と考える方もいますね。
ですが、これもダメです。
少なすぎる量では、思うような効果が実感できません。
やはりメーカーが推奨している量を守って使用することが重要です。

 

少量の美容液だと、肌に塗布する際に、摩擦を起こしてしまう恐れがあります。
定められた量を肌に丁寧に馴染ませなければ、結局、加齢肌に逆効果となり、ますますもったいないことになってしまいかねません。

 

コストもチェック!

美容液は量を適正に使用していくことが大事なので、コストも重視して選びましょう。
もったいないからとケチケチしてしまうようなコスパの悪いものは、アンチエイジングケアに適しているとは言えませんね。

 

肌に適量を、毎日きちんと使用していくことが負担にならないような美容液選びをしていきましょう。
ラインで揃えればお得になる可能性が高く、しかも相乗効果でより美肌効果が実感しやすくなりますよ!

関連ページ

クレンジングは優しく!
アンチエイジング化粧品を使う、というと、どうしても化粧水や美容液などの「与えるケア」に着目してしまいがちです。ですが、こういったケアは確かに大切だけど、その前に1つ忘れてはならないことがあります!それが、「落とすケア」。特にクレンジングをいかに丁寧に行うかで、その後の化粧品の活かされ方が違ってくるのです。
洗顔でスッキリと!
落とすケアはクレンジングと洗顔を組み合わせるのが基本ですよね。クレンジングだけでは落としきれなかったメイクや皮脂汚れなどを、洗顔でスッキリ落としましょう。この洗顔も、アンチエイジングコスメの効果を高めるために重要な役割を果たします。
化粧水はコットンで!
化粧水を使用する際、手の平に出してパシャパシャっと顔にかけるだけ、という方もいますよね。効果の高い美容成分が配合されている化粧品だから、これだけで十分だと感じてしまうのかもしれません。ですが、より効果を高めたいのであれば、化粧水の使用にはコットンを活用しましょう!
乳液はマッサージしながら使用!
化粧品のラインの中で、乳液が果たす役割は、化粧水とクリームを馴染ませるという部分が大きいですね。化粧水は水であり、クリームは油。これらを馴染ませる中間的な役割を果たしてくれるのが乳液です。
クリームでしっかりフタを!
40代くらいになってくると、乾燥がひどくなる人もいれば、皮脂が過剰分泌してしまう人もいます。皮脂が過剰分泌してしまいがちな人の場合、どうしても油分を与えるクリームのようなアイテムは、使いたくなくなってしまったりしますよね。ですが、これは決して省いてはいけないケアなのです。