30代 基礎化粧品 紫外線

紫外線の影響には要注意!

 

30代の肌だと、まだそこまで必死のアンチエイジングケアをする必要性は感じていないという方もいらっしゃるでしょう。
ですがこの時期には、予防の観点でのアンチエイジングをしっかりしていくことが大切です。
特に肌に大きな影響を与えることで知られるのが紫外線。
これは、20代でも30代でも、徹底ケアしていきましょう。

 

紫外線でシミやシワができる!

紫外線というと、日焼けをするものというのは誰もが知っていますよね。
また、シミを作り出してしまうということも、大人なら誰もが知っていることでしょう。
さらに、実は紫外線はシワにも影響しています。

 

しかも、この紫外線による影響は肌の奥深いところ、「真皮」と言われる部分に達してしまいます。
そうなると、後から必死で対策しても、基礎化粧品によるケアでは効果を実感しにくくなってしまうのです。
30代の頃に浴びた紫外線は、40代・50代になった時に肌に大きな老化現象を引き起こす可能性が高くなります。

 

そのため、ちょっとしたお出かけの時にもUVクリームを塗布し、徹底的に紫外線を防御していきましょう。

 

紫外線を浴びた後のケアもしっかり!

紫外線ケアを頑張っているつもりでも、プールや海に行ったり、アウトドアを楽しんだりする場面もありますよね。
そのような時には、うっかり紫外線を浴びてしまうということもあるでしょう。
ですが、もし日焼けをしてしまったらそこで諦める、というのではいけません。

 

30代の肌はそろそろ年齢肌悩みが進行しつつあり、乾燥しやすくデリケートになりがちです。
日焼けして火照った時には、すかさず冷たい化粧水でローションパックなどをしてクールダウンしていきましょう。
また、夏場には美白ラインのアンチエイジング化粧品を用いたケアをしてみても良いですね。

 

シミの元に、早い段階で対策していくことにより、後々になって表面化してこないように働きかけていきましょう。

関連ページ

まずは保湿をしっかりと!
20代の頃には少々無理をしても平気だった肌が、30代になってくると徐々に衰え、悩みが出てきてしまいます。アンチエイジング基礎化粧品で、30代から始まる年齢肌悩みを早い段階で立て直していきましょう。
重すぎない基礎化粧品でケアを!
30代のアンチエイジングで大切なポイントは、美容成分を多く含む基礎化粧品を選ぶことではありません。大切なのは、自分自身の肌で実感してみてから、使用感が最もしっくりくるアイテムを選ぶことです。